筋トレ学園は、筋肉トレーニングを通じて健康生活を送るための初心者向けサイトです。理論と実践を交えて解説します。

 


筋トレ学園ホーム > 栄養論 > プロテインの効率的な摂取タイミング

プロテインの効率的な摂取タイミング

プロテインは、たんぱく質の不足分補うだけでなく、摂るタイミングによっても威力を発揮するの。
大別すると、「トレーニングにおける疲労軽減効果」と「筋肉に働きける効果、修復を促し大きくしようとする効果」の2つがあるから、しっかり覚えておくようにね。

 

まずは、「トレーニングにおける疲労軽減効果」は、
トレーニングを始める1〜2時間前
このタイミングに摂ると、トレーニング時のエネルギーの確保に効果があり、疲れにくい状態にすることができるの。なぜ、このタイミングかと言うと、一般的にプロテインは吸収に時間がかかるから、トレーニング時にうまく吸収されるように前もって摂取しておくということね。
でもトレーニング前に摂取するのは、どちらかといえば、吸収の早いアミノ酸が適していいると言えるわね。アミノ酸については、アミノ酸摂取のすすめで解説しているから参考にしてみてね。

 

さて、プロテインの摂取タイミングでもっとも重要なのが下の時間帯。

 

「筋肉に働きける効果、修復を促し大きくしようとする効果」を期待した場合の摂取タイミングは、
トレーニング後30分以内 と 就寝1〜2時間前

 

なぜ、トレーニング後30分以内

 

トレーニング直後は、成長ホルモンが大量に分泌され、その成長ホルモンは筋肉づくりを活発にするという特徴があるの。
だから、トレーニング後30分以内に筋肉づくりに必要な材料をきちんと与えてやれば、トレーニングの効果が効率的、効果的に反映されることになるのね。与えてやらなければ、筋肉作りの材料が足りず、筋肉に栄養が行き渡らない状態になって最大限の効果が期待できないの。 トレーニング後のこの時間帯を筋肉のゴールデンタイムというから覚えておいてね。

 

なぜ、就寝1〜2時間前

 

実は人は寝ている時に大量の成長ホルモンを分泌するの。
その成長ホルモンが大量に出るのが、就寝後30分〜3時間後まで。
なぜ、成長ホルモンがでるのが寝てから30分後〜3時間までなのに就寝1〜2間前まえに飲むかと言えば、 プロテインが消化吸収されるまでは時間がかかるからなの。
成長ホルモンが出るタイミングに吸収が行われるようにしておけば、ちゃんと筋肉作りの材料が準備されている状態になって、筋肉づくりがドンドン行われるってことね。

 

このように摂取するタイミングによって効果的なタイミングというのがあるから、ただやみくもにプロテインを摂取するのではなく、きちんと計画して摂取するように心がけてみてね。
こういうことを守るか守らないかで、のちのち大きな差が付いてくるんだからね。

 

まさる君、分かった??

 

はいっ!

 

 

まとめ

  • 「トレーニングにおける疲労軽減効果」を期待する場合は、トレーニングを始める1〜2時間前
  • 「筋肉に働きける効果、修復を促し大きくしようとする効果」を期待する場合は、トレーニング後30分以内と就寝1〜2時間前
  • トレーニング後、30分以内は、筋肉のゴールデンタイムである。